Home Rss Twitter About
最新ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【スカスカおせち】バードカフェが「チーズ工房カマンブルー」として堂々復活

1: ステマ大好き(兵庫県):2012/01/08(日) 15:30:39.49 ID:z398q3Vj0

1年前に世間を騒がせた、外食文化研究所・バードカフェによる「おせち騒動」。
以前の記事で紹介したように、バードカフェは「OKANO HOUSE」として営業を再開していた。
読者からの情報によると、3ヶ月前に「チーズ工房カマンブルー」に再び店名を変えたという。
内装は、バードカフェの頃と同じだ。
オープン時のスタッフ募集に使用していた電話番号は、外食文化研究所のものだ。運営元は株式会社サザンとなっているが、おせち騒動の頃から水口憲治社長の身内の会社として名前が挙がっていたので、覚えている人もいるだろう。



http://www.tanteifile.com/diary/2012/01/08_01/index.html

スポンサーサイト
[ 2012/01/08 15:59 ] 飲食 | TB(0) | CM(0)

「食べログ」でやらせ業者を取り締まり、法的措置へ

1: 歌手(兵庫県):2012/01/05(木) 09:48:21.11 ID:DAG10wKr0●

一般の利用客による採点システムが看板の人気飲食店ランキングサイト「食べログ」で、飲食店側から金で順位上昇を請け負った「やらせ業者」によってランキングが操作されている事例があることが4日、分かった。
実際に食べた人の感想がわかる“口コミ”ランキングは、同サイトが店選びの指標として掲げてきた大黒柱。
信頼性を揺るがす事態に、食べログ側も、やらせ業者に対して法的措置を検討している。

食べログに現在登録されている飲食店は全国約67万店。
影響力は大きく、ランク一つで“繁盛店”になる場合もある。

やらせ業者は、店舗を個別に訪問して勧誘。
運営会社のカカクコム(東京)に把握されないように、好意的な口コミを投稿するほか、ページへのアクセス増加などで、人気店であるかのように見せかけるという。

実際に業者の訪問を受けた東京都内の店舗は、IT関連企業の営業マンを名乗る背広姿の若い男性に「食べログの点数を上げる裏技のご提案です。食べログからは非公認のサービスとなります」と切り出された。

男性はさらに、店舗側の意向を反映したやらせ「口コミ」を毎月5件ずつ投稿すると持ちかけた。
報酬は月間約10万円。男性は「依頼を受けた店舗の点数を確実に上げる」と強調した。

食べログでは本来、サイトに登録した一般利用者が実際に足を運んだ飲食店を5点満点で採点。
その点数を独自の方法で集計した数値が「店の点数」として明記され、サイトの閲覧者が店選びの参考として利用する。
ただ登録さえすれば誰でも投稿できるため、業者に悪用されたとみられる。

カカクコムは現時点でやらせ業者39社を特定。
サイト内の監視を強めるなど、対策強化に乗り出した。

最近になって、サイト内の運営ポリシーのコーナーに「不正業者が存在することを確認しております」と掲載。
ただ検索結果など閲覧者の目に付きやすい場所では、やらせ業者への注意喚起を行っていない。

カカクコムの田中実社長は「不正業者の業務停止を求めて提訴するなど断固とした措置をとりたい」としているが、サイトの影響力が続く限り、波紋は広がりそうだ。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/01/05/kiji/K20120105002367020.html

[ 2012/01/05 10:04 ] 飲食 | TB(0) | CM(0)

サイゼリヤ創業者『おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』

1: ◆zzzbb2c.e6 (明治神宮):2012/01/03(火) 14:51:33.54 ID:eB+r4sw70

外食最強チェーン、サイゼリヤ創業者初の著書。たちまち6刷
『おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』

サイゼリヤの「ミラノ風ドリア(299円)」は、なぜ1,000回以上も改良を加えているのか─。外食業界随一の収益力を誇るサイゼリヤの創業者、正垣泰彦氏が「日経レストラン」誌上で続ける大人気連載がついに書籍化! 発売からわずか5カ月で5回の増刷を重ねています。

「安心感を与える値付け」
「ヒットを生む2つの大原則」
「儲かる店を作る財務」
「値下げの限界点を見極める」
「多店舗化のポイント」
「人材の育て方」
「自社の強みをどう磨き抜くか」
といった、マーケティングや経営に携わる誰もが直面する課題について、正垣氏がその解決策をズバリ解答。合理的で明快な考
え方に度々ハッとさせられる、ビジネスパーソン必携の1冊です。

http://nr.nikkeibp.co.jp/topics/2011winter_03/

[ 2012/01/03 15:14 ] 飲食 | TB(0) | CM(0)

おせち1,300個販売停止

1:名無しさん@涙目です。(伏見稲荷):2011/12/31(土) 11:05:06.86 ID:+Y115QwK0

札幌市中央区の京王プラザホテル札幌(池田純久総支配人)は30日、おせち料理の調理を担当する30代の男性1人がノロウイルスに感染したため、おせち料理の販売をすべて取りやめたことを明らかにした。
札幌市内と近郊から事前予約のあった約1300個分で、食中毒の起こる可能性を未然に防止するための措置という。

同ホテルによると、男性は29日朝、出勤途中に体調が悪くなり、その足で病院に向かい治療を受けた。
便を調べたところ、ノロウイルスが検出された。ホテルは札幌市保健所に連絡する一方、「全食材の検査は不可能」と判断し、同日夕に出荷停止を決めたという。男性は中華部門の担当で、自宅で療養し、現在は快方に向かっているという。<北海道新聞12月31日朝刊掲載>

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/340807.html

[ 2011/12/31 13:35 ] 飲食 | TB(0) | CM(0)

焼肉えびすの件、想像以上の重症化…HUSを発症した32人のうち14人が脳症

1:名無しさん@涙目です。(伏見稲荷):2011/12/23(金) 00:18:13.35 ID:NT8Ddg4D0

焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の腸管出血性大腸菌O111による集団食中毒で、溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症した患者のうち43%が脳症を併発したことが22日、分かった。

富山県衛生研究所などが富山市で開いた、重症化の背景を解明する第2回会議で、富山大の宮脇利男教授が報告した。

県などによると、腸管出血性大腸菌感染患者のうちHUSを発症するのは、これまでの事例では6~7%。今回の食中毒でHUS発症率は17%と重症化した。

宮脇教授の報告では、HUSから脳症を併発するケースは一般的には約10%。
今回はHUSを発症した32人のうち14人が脳症になった。
2011/12/22 23:43 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122201001605.html

[ 2011/12/23 01:49 ] 飲食 | TB(0) | CM(0)

食べログでボッタクリ居酒屋を暴露、店「書いてあることは誇張。嫌がらせも受けている」

1:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/11(日) 12:26:05.34 ID:e5gi+eTU0

愛知県の居酒屋でボッタクリ被害に遭ったと「食べログ」で暴露する人物が出現し、騒然となった。
投稿者は、店員の対応に納得できなかったようだ。「タタキの葱まみれってどういう料理ですか?」と尋ねると、「タタキの葱まみれはタタキの葱まみれですね」と答えたという。料理にも不満があった模様で、「つまらないもの」、
「味無い。マズい」、「風味もへったくれもない」などと酷評している。



天むすを頼むと、「出てきたのは小さなおにぎりに横にエビが2つ、その下に海苔が敷かれたもの」。
巻いて食べるものだという店員の説明に対して、「巻けねーだろ、これ。食いづれーよ!」、「それにこんな超小さな天むす1つで230円!驚きのプライス!!高いねー!!」と率直に言ったそうだ。



帰り際、代金を自分で計算してみると、金額が合わなかったという。店員に問い詰めると、「すいません」と平謝りしたとのこと。会計前にそうなることを予想していたため、やり取りは全て録音して証拠を残してあるらしい。



これらの書き込みは、規約違反ということで削除された。だが、投稿者は、ほぼ同じ内容をその後も繰り返し投稿している。



本件について、店に取材した。書き込み内容の真偽を尋ねると、「事実でなくはないんですけど、かなり誇張されてますね」。
金額の誤差は約1000円で、レジを打ち間違えたことが原因だったそうだ。誤差が出た理由をその場で客に説明し、謝罪したという。
店が当該の書き込みを確認したのは、9日。その数日前から、毎日いたずら電話がかかってくるようになっていたらしい。
店としては、ボッタクリと言われるようなことはしていないと断言。トラブルがあった日以降、客本人からは連絡がなく、連絡先も分からないため、今後どのように対応すればよいか困っているという。
(省略)

http://www.tanteifile.com/watch/2011/12/11_01/index.html

[ 2011/12/11 14:23 ] 飲食 | TB(0) | CM(0)

肉を多く食べると大腸がんになるリスクが高くなる

1:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/11/30(水) 09:25:25.22 ID:ZNzmFxHn0

肉を多く食べると大腸がん…調査で裏付けられる

肉を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが高いことが、約8万人を対象にした約10年におよぶ国立がん研究センターの追跡調査でわかった。
同センターが28日、発表した。牛や豚などの赤肉を食べると大腸がんのリスクが上がることは、世界がん研究基金と米がん研究協会が報告していたが、今回の大規模調査で日本についても裏付けられた。

岩手や長野、茨城、沖縄など9県在住の45~74歳の男女約8万人を対象に、1995年から2006年まで追跡調査した。
このうち大腸がんになった1145人(結腸がん788人、直腸がん357人)について肉類の摂取量との関連を調べたところ、摂取量と結腸がんに関係がみられた。

男性は、肉類全体の摂取量が最も多いグループ(1日当たり約100グラム以上)のリスクが、最も少ないグループ
(同約35グラム未満)の1・44倍だった。
女性でも、赤肉(牛と豚肉)の摂取量最大のグループ(同約80グラム以上)が、最少グループ(同約25グラム未満)の1・48倍に上った。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111128-OYT1T00389.htm

[ 2011/11/30 10:47 ] 飲食 | TB(0) | CM(0)

【速報】スライム肉まん 原産国名:中 華 人 民 共 和 国 

1:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/11/30(水) 00:15:26.67 ID:FGc33JnO0

51 名無しさん必死だな [sage] 2011/11/29(火) 23:46:23.61 ID:JfoxldFN0 (PC)

スライム肉まん

原産国名: 中 華 人 民 共 和 国



[ 2011/11/30 00:37 ] 飲食 | TB(0) | CM(0)

「白い恋人」が大阪のパクリ土産「面白い恋人」を提訴

1:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/11/28(月) 14:21:19.98 ID:ECu82OMH0

「白い恋人」の石屋製菓、吉本興業を提訴 「面白い恋人」販売で


北海道の人気菓子「白い恋人」を製造・販売する石屋製菓(札幌市、島田俊平社長)は28日、吉本興業と子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシーなどを札幌地裁に提訴したと発表した。吉本興業子会社などが販売する土産菓子「面白い恋人」が石屋製菓の「白い恋人」の商標権を侵害しているとし、販売差し止めなどを求めた。

「面白い恋人」は吉本興業子会社が2010年7月に発売したみたらし味のゴーフレット。
JR新大阪駅などの土産店で人気となっている。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819491E0EAE2E2E38DE0EAE3E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

[ 2011/11/28 14:46 ] 飲食 | TB(0) | CM(1)

実は凋落している「ボージョレ・ヌーボー」今回の解禁イベント閑古鳥 参加者十数人

1:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/11/28(月) 09:19:42.80 ID:YE+GNgfy0

11月17日午前0時に解禁されたフランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」。
テレビや新聞に盛んに取り上げられていたのは一昔前の話で、今では販売本数も伸び悩み、「バブル期の遺産」と呼ばれるほど凋落している。
一時はもてはやされた解禁イベントもほぼ“死に体”状態で、一部には「経済が低迷する日本では根付かない」(業界関係者)との声も聞こえてくる。
「3、2、1、ゼロ。解禁です」。
神戸市中央区の神戸ポートピアホテルのバーで開催されたボージョレ・ヌーボーの解禁パーティー。
雰囲気は最高だが、残念なことに参加者はわずか十数人で、華やかなムードが逆に痛々しい。
ボージョレ・ヌーボーは、仏ブルゴーニュ地方のボージョレ地区で収穫された「ガメイ種」と呼ばれるブドウで作られたワインの新酒のこと。
ヌーボーはフランス語で「新しい」を意味し、文字通り“ボージョレの新酒”だ。

解禁が設けられたのはボージョレを他社より早く売ろうとした販売者側の競争激化によりワインの品質が低下したため、これを防止しようとフランス政府が制定。
当初は11月15日が解禁日とされたが、「週末は働きたくない」というフランスのお国柄か、15日が土・日曜日となった際に流通がストップする事態に陥ったために「第3木曜日」に変更された。
日本は日付変更線に最も近いことから、先進国の中では世界で一番早くボージョレが飲める国。
こんな理由も手伝って、バブル時代には全国各地で華やかな解禁イベントが開かれた。
しかし、以前に比べ高級ワインが世界中から輸入されるようになり、ボージョレのライバルも増加。
「新しい」を売りにするボージョレは、深みの点では熟成された高級ワインに劣る。
木曜日の午前0時という解禁日時も不評だ。
過去には解禁イベントと宿泊をセットにしたホテルも多かったが、最近は解禁パーティーを実施しているところも数えるほどしかない。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/111127/bsd1111271801002-n1.htm

[ 2011/11/28 10:17 ] 飲食 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。