Home Rss Twitter About
最新ニュース
カテゴリー  [ IT・ネット ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネット掲示板で他人を誹謗中傷する人、憎悪と嫉妬を撒き散らす人・・・気持ち悪い、異常なまでに攻撃的な人が増えていませんか?

1:影の大門軍団φ ★:2012/01/11(水) 13:37:40.18 ID:???0

自己の正当性ばかりをやたら主張する。他人の揚げ足を取っては喜ぶ。他者の痛みに思いが至らず、幼稚な論理を振り回す。気持ち悪い、変な人間がこの国を跋扈している。あなたの周囲にもいますよね。

現代日本社会は「呪い」の言葉が巷間に溢れ返っています。さまざまなメディアで、攻撃的な言葉が節度なく吐き散らされている。
現実に、ネット掲示板に「死ね」と書かれ、それにショックを受けて自殺する人たちがいる。
これを「呪殺」と呼ばずにどう呼べばいいのでしょう。

中世までの日本人は、呪いの実効性を信じていました。実際に呪いや祟りで人は死に、それに対する呪鎮の技法も存在した。
現代人は、呪いなどというものは存在しないと思っています。でも、私たちの社会でもやはり呪いは活発に機能しています。
現に呪殺されている人もいる。

寸鉄人を刺すような一言で効果的に相手を傷つけ、生きる意欲まで奪うような能力を、人々は競って身につけようとしています。そして、現にそれは功を奏している。

呪いをかける人々は、他人が大切にしたり、尊敬したりしているものを誹謗中傷し、叩き壊し、唾を吐きかけ、その代償に強烈な全能感を獲得します。

社会的に無力な人々がこの破壊のもたらす全能感に陶酔するのは、ある意味で当然なのです。
憎悪や嫉妬を撒き散らすこの風潮は、ネット世界から現実の社会全体に広がっています。

テレビ番組に出てくる政治家を見ていると、平気で他人の発言を遮り、切り捨てて、大声で自説をまくし立てるだけ。相手の主張に耳を傾け、落としどころを探るというような政論番組はどこにも存在しません。

まくし立て、揚げ足を取り、論点をずらすことに長けた脊髄反射的な政論家たちしか、テレビにはもう出てきません。
このように貧しく刹那的なやり方が、今は「ディベート」と呼ばれて話し方の標準になっています。

隙あらば相手の話の腰を折り、どれだけ事実誤認や推論上の間違いを指摘されても自説を撤回しない。
相手を絶句させるタイミングだけを窺っている。私たちの社会からはもう、「情理を尽くして説く」という作法が失われてしまっています。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/28694

スポンサーサイト
[ 2012/01/11 16:09 ] IT・ネット | TB(0) | CM(0)

児童ポルノ画像の拡散が止まらない…カボスなどファイル共有ソフトが温床

1:そーきそばΦ ★:2012/01/07(土) 18:40:10.99 ID:???0

個々のパソコンに所有する画像や音楽などをインターネットを通して共有・交換できる
「ファイル共有ソフト」を使った児童ポルノ画像の拡散に歯止めがかからない。
大手接続業者は昨年4月から児童ポルノサイトへの接続を強制的に遮断(ブロッキング)しているが、ファイル共有ソフトには有効な流通防止策がないからだ。
警察はファイル共有ソフトを使った違法行為の摘発を進めるが、利用者は後を絶たず警察との「いたちごっこ」が続いている。【遠藤孝康】

11年7月5日朝、福岡市内のマンションの一室に福岡県警少年課の捜査員数人が立ち入った。
ファイル共有ソフトで児童ポルノ画像をネット上に公開しているパソコンが、この部屋にあることが分かっていた。
「なんでうちに」。住人の20代の男は家宅捜索令状に驚いたという。

男の部屋のパソコンでは捜査員の予想通りファイル共有ソフトが起動中だった。
慌ててソフトを閉じようとする男を捜査員が制止して調べた。
ソフト内のフォルダーに保存された300本以上のファイルの多くが児童ポルノ画像だった。

ファイル共有ソフトは無料でダウンロードでき、児童ポルノに関係する言葉を入力して検索すれば、同じソフトを起動させている他人が所持する児童ポルノ画像が入ったファイルが次々に現れる。

ソース 毎日新聞 1月7日(土)17時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120107-00000005-maiall-soci
(続)

[ 2012/01/07 19:10 ] IT・ネット | TB(0) | CM(1)

【ステルスマーケティング】 「食べログ」だけではない!ネットでは、「やらせ」がはびこっている!

1:影の大門軍団φ ★:2012/01/07(土) 12:49:25.22 ID:???0

レストランの店舗やサービスをユーザーが口コミとしてレビューするサイト「食べログ」で、いわゆる「やらせ」が発覚し波紋が広がっている。

この種の不正は食べログやレビューサイトに限らず、ネット上で過去に何度も繰り返されている。
それが減らないのは、構造的な問題があるからだ。

不正が続けばネット上の情報の信頼性が大きく崩れる恐れもある。

今回不正の舞台となった食べログだけでなく、多くの人はリクルートの「ホットペッパー」、宿泊サイトの「楽天トラベル」や「じゃらんnet」、さらに「カカクコム」や「アマゾン」など、サイトにある口コミを参考にしているはずだ。

口コミを利用するのは、実際に利用した人の生の声があるからで、口コミが金銭による好意的な評価やランキングだとしたら、広告となんら変わらない。だからこそ、本来ならば自然な格好で書き込んでもらう手法が使われる。

広告にもかかわらず口コミに見せかける手法は「ステルスマーケティング」と呼ばれ、批判されている。
今回の報道では、飲食店の一部がやらせを行う不正な事業者の営業を受けて、不正な書き込みを依頼していたことが明らかになっている。

店舗やサービス提供側は、消費者の評価に来客や売り上げが左右されるから、
「なるべくいい口コミを書いてほしい」という気持ちがある。ここに不正事業者が付け入る隙が生まれる。

発覚すれば大きなダメージがあると分かっていながら、やらせは何度も繰り返されてきた。
2006年には米ウォルマート・ストアーズがPR会社と取り組んだブログキャンペーンがやらせであったことが発覚して
世界的に問題になったにもかかわらず、日本でもいくつかの企業がやらせに手を染めた。

典型的なものは2009年のグーグル日本法人による「急上昇ワードランキング」のプロモーションで、
「PayPerPost(ペイパーポスト)」と呼ばれるブロガーに報酬を支払い記事を書かせた例がある。

問題はブロガーによって指摘され、英語化されてグーグルの米国本社を巻き込んだ騒動となった。
http://www.nikkei.com/tech/business/article/g=96958A9C93819499E2E4E2E6978DE2E4E2E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;dg=1;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E4E2E0
>>2以降へ続く

[ 2012/01/07 13:46 ] IT・ネット | TB(0) | CM(1)

【速報】やなせさんがステマ叩きを批判!「ステマ叩きって情弱の僻みにしか聞こえないなあ。」

1: 大道芸人(千葉県):2012/01/05(木) 06:47:06.67 ID:vU9Pw2M40●

Shu Yanase
@yanashu 千葉市花見川区

モバイルサイトのプロデューサー。広告営業経験も複数業界でかれこれ10年弱。
趣味は育児(09年9月生まれの息子)・育犬(シーズー×2)・サッカー観戦・ゲーム・iPhone・ドライブ・カメラなど。
最近は買ったばかりのロードバイクに夢中。fav&RTは積極的にどうぞ♪
http://yanashu.tumblr.com/





●問題のツイート

@yanashu
“ステルスマーケティング = 悪”みたいな風潮がネットだと顕著だけど、手法自体は昔からあるものだし、それに惑わされずに自分で情報を取捨選択できるのがネットの良さなんじゃないの。ステマ叩きって情弱の僻みにしか聞こえないなあ。
5:42 AM - 5 1月 12 SOICHAから

https://twitter.com/#!/yanashu/status/154664001337425920



http://twittaku.info/view.php?id=154664001337425920

[ 2012/01/05 09:56 ] IT・ネット | TB(0) | CM(0)

孫正義 「通名を使ってる在日韓国人はプライドがない」 「本名を隠してこそこそやっちゃいけない」

1: 牧師(愛知県):2012/01/04(水) 08:12:21.20 ID:Samii6dR0●

孫正義氏 「安本」ではなく「孫」を名乗った

孫正義 「孫という本名を捨ててまで金を稼いでどうするんだ、と言いました。俺はプライドの方を、人間としてのプライドの方を優先したいと。」

孫正義 「在日韓国人であろうが、日本人と同じだけの正義感があって、能力がある。証明しなきゃならないと思ったんです。」

孫正義 「本名を隠してこそこそやったんじゃ、意味がない」

http://www.news-postseven.com/archives/20120104_78634.html

[ 2012/01/04 10:26 ] IT・ネット | TB(0) | CM(1)

警視庁が本気で「2ちゃんねる撲滅作戦」今年2ちゃんねるは消え、情報統制国家ニッポンが誕生する

1:名無しさん@涙目です。(伏見稲荷):2012/01/03(火) 15:51:08.70 ID:aau8TO3S0

2ちゃんねるに激震は走るのか?

インターネットインフラとは直接は関係がありませんが,もし本当に発生したら,ネット上のコミュニケーションや日本国内における
ネットでの情報流通に一部影響を与えそうなのが「2ちゃんねるでの激震」です。

警視庁が本気で「2ちゃんねる撲滅作戦」 ITmedia ニュース

現時点ではソースが週刊朝日のみとなっていることや,2ちゃんねるが潰されるという話題は数年おきに登場しているので,実際に激震が発生するのかは不明ですが,しばしばネットヲチを行っている私としては気になるところです。

http://gihyo.jp/admin/column/newyear/2012/net_infra-prospect

[ 2012/01/03 16:19 ] IT・ネット | TB(0) | CM(0)

元グーグル日本法人社長「日本の『新しいことは原則禁止』という慣習、やめたほうがいい」

1:名無しさん@涙目です。(ポタラ宮):2012/01/03(火) 09:03:48.84 ID:/n5an2Jv0●

新年明けましておめでとうございます。本年も、潮流の速さに負けないよう、また、流れの方向の急な変化を見逃さないよう、しっかりと羅針盤を見ていきたいと思いますので、どうぞ、ご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

■若い人たちに加担する

さて、新年早々、私事で恐縮ながら、グーグルを退社して丸一年が過ぎました。
2003年4月から8年近く、若い人たちの会社を手伝わせていただいたわけですが、
退社後も、「若い人たちに加担する」という自分の立ち位置については、逃げも隠れもせずやってきました。

若い人たちには、迷惑がられているかもしれませんし、同世代の皆様には、
「若作りしやがって」とお叱りを受けているかもしれませんが、今後も若い人たちを支持していきたいと思っています。

この連載の第5回で「『新しいことは原則許可』がいい! 俊敏さと勇気に満ちた社会に」と題して、
日本社会の「新しいことは原則禁止」という慣習に、苦言を呈しました。その中で私は、次のように書きました。
 
何しろ若者たちは、いつの時代にも、「『禁止すること』を禁止する!」と、心のどこかで叫んでいるからだ。
この主張は、いわゆるパラドックスであり、若者たちは、さしずめ「『クレタ人は嘘(うそ)つきだ』というクレタ人」かもしれないが、この危ういパラドックスを生きることこそ、若者の特権であり、そのエネルギーの源泉の一つである。(以上、引用部分)


私が「若い人たちに加担する」と言う意味は、「この危ういパラドックスを生きる若者たちを支持する」という意味であり、
その理由は、「若者のエネルギーの源泉を守りたい」からです。


続きはソースで
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A90889DE1E5E4E0EAEAE3E2E0EAE3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E5E2EAE0E2E3E3E1EBE1E0

[ 2012/01/03 10:20 ] IT・ネット | TB(0) | CM(0)

ホリエモン「僕は刑務所にいるので2012年は無いも同然なので、一瞬で終わってほしい」

1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 【Dnews1322570768169632】 取り巻きクン ◆xQKWZ0ezjk (千葉神社):2012/01/01(日) 13:18:22.60 ID:kuDZACYNP

堀江貴文氏「2012年は一瞬で終わってほしい感じ」

2012年の展望、そしてNHN Japan、ネイバージャパンと経営統合により、1月1日付で社名としての「ライブドア」が消えることについて、BLOGOS編集部に元ライブドアCEOの堀江貴文氏からメッセージが届いた。

堀江氏は現在服役中。外部との通信は面会と手紙によるやりとりに限られているが、いずれも回数や枚数に厳しい制限がある。今回はそのような状況の中、BLOGOS編集部に特別に紙幅を割いていただいた。以下、全文である。

>僕は刑務所にいるので2012年は無いも同然なので、一瞬で終わってほしい感じです。
>来年はロンドンオリンピックがあるけど、欧州危機などでなんとなく景気悪いなームードがダラダラと続くのでは?日本じゃ総選挙もないし、今まで通りダラダラ下り坂かも。
>「ライブドア」という社名が消える事については、あまり気にしてません。社名って記号にすぎませんからね。



2011年5月のインタビュー時の堀江貴文氏。(撮影:野原誠司)

http://blogos.com/article/28201/

[ 2012/01/01 14:46 ] IT・ネット | TB(0) | CM(0)

Winny開発者無罪確定 世界の最先端技術をつぶした司法に非難の声

1:名無しさん@涙目です。(氷川神社):2011/12/31(土) 09:46:22.51 ID:qDVJr8ue0

Winny開発者無罪確定 世界の最先端技術をつぶした司法に非難の声
http://www.tax-hoken.com/news_VhzAFbkog.html

金子氏無罪に 最高裁が検察の上告を棄却
12月19日、ファイル共有ソフト「Winny」を開発・公開したことで著作権法違反幇助の容疑で起訴されていた金子勇氏に対する検察側の上告を最高裁第三小法廷が棄却。無罪が確定した。

この訴訟について、ネット上では司法が最先端技術をつぶした、とする声がわき上がっている。

単に「技術」を提供しただけで
Winnyは2002年、当時東京大学大学院情報理工学系の助手であった金子氏が無償公開したファイル共有ソフトだ。
P2Pという当時世界最先端の技術を用い、あらゆるファイルを高速でやりとりできるもの。
ただその性能の高さゆえ、映画や動画など著作権に抵触するファイルの共有が流行。
さらにWinnyに寄生したウィルスにより、個人や企業の情報が多数流出することとなった。

京都府警は2004年、この事態をもって、技術を公開した金子氏を「著作権法違反幇助」の容疑で逮捕。
その後、金子氏は起訴され、2006年には京都地裁で有罪判決が下された。

金子氏は判決を不服として控訴し、2009年に大阪高裁で逆転無罪判決を得る。ただし今度は検察側が上告。
2011年12月19日にこの上告は棄却された。

ノンフィクション作家の松浦晋也氏は、日経オンラインに掲載された記事の中で、そもそも起訴された経緯について疑問を呈している。
Winnyは単に効率的な情報共有・伝達の仕組みにすぎず、これを犯罪的技術というなら、印刷から放送まで、すべての情報共有・伝達を目的とした技術が違法ということになる、というのが氏の主張だ。

続く

[ 2011/12/31 10:17 ] IT・ネット | TB(0) | CM(0)

岡田斗司夫「著作権を無くして音楽やマンガを自由に流通させろ」「作者には握手会で金やればいい」

1:名無しさん@涙目です。(生田神社):2011/12/30(金) 11:12:44.61 ID:kF5EHyx80

オタキングの岡田斗司夫 「コミケには専用通貨を導入した方がいい」と語る

年末に開催を控えた冬の祭典、コミックマーケット。
この通称"コミケ"は3日間で実に約50万人以上の来場者を記録する、日本最大規模のアニメやマンガの同人誌即売会イベントです。
パロディや二次創作の作品を中心に、約3万5千組ものアマチュアのクリエイターと来場者が一緒に盛り上げようとする意識が強いのも特徴といえます。

しかし、パロディや二次創作につきものなのが「著作権」問題。
コミケに限らず、今や誰もがブログやtwitterで情報を発信できる「1億総クリエイター」と言われる時代に、「著作権」をどう考えるか――。

2:名無しさん@涙目です。(生田神社):2011/12/30(金) 11:12:53.72 ID:kF5EHyx80

アニメ会社ガイナックスの設立者で、現在は大阪芸術大学客員教授の岡田斗司夫氏は著書『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』の中で、
著作権問題を専門とする気鋭の弁護士・福井健策氏と縦横無尽な議論を繰り広げています。

岡田氏は、アマチュアがVOCALOIDで作った楽曲が大人気になる事例などを挙げ、「従来の著作権制度という仕組みがもう無理」とばっさり言い切ります。
無料で作品を作り発信する人が溢れる状況で、人々はお金を払って著作権コンテンツを利用するメリットを見失い、作者が利益を得るための著作権制度は機能不全に陥ったというのです。
むしろ、著作権制度がパロディや二次創作を制限し、コンテンツの多様性を奪いかねないとも述べています。

そこで岡田氏が提唱するのは、著作権を無くして音楽やアニメなどコンテンツは自由に流通させ、作者の収入確保はライブの物販や握手会で図ろうという制度。
コンテンツそのものではなく、自分がその現場にいるというデジタルでは補えない「ライブ体験」にお金を使いたい
という人々の心理こそ、これからのコンテンツ収益の活路だという福井氏の理論にも思わず納得させられます。

作家のサイン会は絶対に有料でやるべき、コミケ専用のコミュニティ限定通貨を導入して二次創作に自由を......など、
これからのコンテンツと著作権のあり方に対し様々な提案を投げかける本書。
誰もがtwitterの呟きや、ブログへの投稿などで、いつの間にかクリエイターの一員となっている時代、みなさんは「著作権」とどう向き合いますか?
http://news.nicovideo.jp/watch/nw170891?marquee

[ 2011/12/30 12:39 ] IT・ネット | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。