Home Rss Twitter About
最新ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戸塚宏校長「われわれが管理する場所でこういう結果になったことは申し訳ないが、教育方針を変えることはない」

1:禿の月φ ★:2012/01/09(月) 20:20:19.36 ID:???P

9日午前7時半ごろ、愛知県美浜町北方宮東の戸塚ヨットスクール(戸塚宏校長)で、入校生の男性(21)が3階建ての寮の屋上から飛び降りた。
病院に運ばれたが午後0時10分ごろに死亡。自殺とみられる。

スクールでは昨年12月20日、入校生の男性(30)が飛び降り自殺を図り、重傷を負ったばかり。
戸塚校長は「自殺につながるような大きなトラブルや、変わった様子はなかった」としている。

県警半田署やスクールによると、屋上に「生きていくのがつらい。
死にたい」との内容の遺書2通や男性のものとみられる眼鏡が残されていた。
男性は広島県出身。引きこもり状態だったため、2010年12月から入校していた。

戸塚校長は取材に「われわれが管理する場所でこういう結果になったことは申し訳ないが、教育方針を変えることはない」などと語った。

ソース:MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120109/crm12010913250008-n1.htm
画像:入校生の男性が屋上から飛び降り死亡したことについて、
記者の質問に答える戸塚ヨットスクールの戸塚宏校長



入校生の男性が屋上から飛び降り死亡した戸塚ヨットスクールの寮




スポンサーサイト
[ 2012/01/10 10:36 ] 教育 | TB(0) | CM(1)

戸塚ヨットスクールでまた…男性入校生(21)が3階建寮の屋上から飛び降り、自殺か

1: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2012/01/09(月) 12:42:10.84 ID:???0

9日午前7時半ごろ、愛知県美浜町の戸塚ヨットスクールで、男性入校生(21)が3階建ての寮の屋上から飛び降りた。自殺を図ったとみられ、容体は不明。スクールでは昨年11月、入校生の飛び降りがあったばかり。

*+*+ nikkansports +*+*
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120109-887088.html

[ 2012/01/09 14:10 ] 教育 | TB(0) | CM(2)

日本の大学生はなぜカンニングをしないのか?

1: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2012/01/08(日) 10:47:12.18 ID:???0

中国では学生のカンニングが大きな問題となっている。中国人留学生が日本に来て驚くのは、日本の大学生がカンニングをしないことだという。中国人ブロガーの「紫涵公主」さんは自身のブログでその理由を分析している。

*+*+ サーチナ +*+*
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0108&f=national_0108_032.shtml

[ 2012/01/08 12:31 ] 教育 | TB(0) | CM(0)

最近の若者は……高学歴だけど、志低い

1:影の大門軍団φ ★:2012/01/07(土) 09:36:14.39 ID:???0

「最近の若者は……」

古代ギリシャの哲学者、プラトンを引くまでもなく、いつの時代でも中高年になれば、
自分たちとは価値観の違う礼儀知らずで無軌道な若者の生態を嘆いて一度は口をつく言葉だ。

しかし、京大の松本紘総長は、先人たちとはニュアンスの異なる嘆きを最近の若者に感じていた。

小学生からあるいは幼児のころから東大や京大など有名大学への決められたレールを走ってきた若者には、湧き上がるような強い志が感じられないという。

全国の大学で今、その名も「リーダー講座」など指導者育成を目的とした講座の新設が相次いでいる。
日本や世界の将来を託せるリーダーを一刻も早く育成せねば、という危機感からだ。

中でも異彩を放つのは京大が来年の開設を目指す全寮制の学寮型大学院だ。

5年一貫制で1、2年目は京大の各研究科などで専門教育を受け、3年目には再び8分野の基礎的な教養科目を履修する。4年目には海外の大学などに留学、5年目には自らプロジェクトを立案し、企業や官公庁と共同で実行する、というものだ。

とくに力を入れているのが、全寮制を生かして院生同士や専任教員と昼夜を問わず議論できる「24時間教育」の実践。
旧制高校のように知識だけでなく、人格も磨こうというわけだ。アルバイトに追われぬよう学生には年間約300万円の奨励金も支給する予定だ。

今の教育は、高校は大学に合格するための、大学は企業に就職するための
「ピンポイントにチューニングされた教育」に堕していると話す松本氏は、学寮型大学院創設の意気込みをこう語る。

「全体を深く、鋭く見ることのできる人を今すぐ育てなければならない」
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1201/06/news029.html

[ 2012/01/07 10:19 ] 教育 | TB(0) | CM(0)

反君が代教師「君が代を弾くと指が震え胸がつまり冷汗出る」「クビを吊っているイメージが浮かぶ」

1: アフィだいすきクラブ副会長(愛知県):2012/01/06(金) 10:01:53.94 ID:nSEHi2Lv0

橋下徹・大阪に市長が推進する教育改革に対し、教員組合側は激しく反発している。
昨年12月上旬には、大阪職員組合(大教組)など8団体が主催した1400人を集めた反対集会が開かれた。

集会に参加した教師たちは、普段は子供たちに教育を施す「先生」である。
そして、子供たちには暴力的な行為を否定することを教えている。
だが、そうした“聖職者”が我慢の限界を超えると、時として自身が“暴力装置”に変貌することがある。その“導火線”となってきたのが「君が代」問題だ。

2008年に橋下氏が府知事に就任して以降、大阪では教職員への国歌斉唱時の不起立に対する戒告処分が続いてきた。
2010年3月に府立高の卒業式で起立しなかった4人の教員が戒告処分を受け、昨年6月には府議会で「君が代起立条例」が成立し、府立校で君が代斉唱の際の起立が義務化された。
現役の府立校教諭で、「『日の丸・君が代』強制反対ホットライン大阪」事務局の井前弘幸氏が語る。

「個人の思想・良心から国歌斉唱の際に不起立をする者の多くは、組合活動を熱心に行なってきた50代の教員です。
今後も自身の信条に従って起立せず、条例に背いて処分を受け入れる可能性が高いでしょう。

橋下市長の狙いは、こうした教員を学校から追い出して若い教員の後ろ盾を奪ってから、評価システムで管理・支配をしていくことにある。そのために君が代を踏み絵にしたのでしょう」

それが教組の中核教員に絶大な影響を与えることは、過去の事例からわかる。
東京の都立高校元教諭で「不起立のジャンヌ・ダルク」の異名を持つ女性教師は、自身のHPでこう心情を述べている。

「(式典で君が代を聞くと)心臓がバクバクし、中国大陸に侵攻した日本軍の若い兵隊が中国人捕虜を銃剣で突くように命じられた姿が浮かんだ。私は“お前は突くのか”といわれているようだった」

(>>2以降に続く)
http://www.news-postseven.com/archives/20120106_78733.html

[ 2012/01/06 10:25 ] 教育 | TB(0) | CM(0)

偏差値60以上→暗記より理解することを優先 偏差値50以下→暗記=学力だと信じこむ

1: 浴衣美人(大阪府):2012/01/05(木) 15:49:14.97 ID:qikGbtuT0

偏差値50と60の生徒で「習慣の差」明らか

中経出版は、新刊本『偏差値60以上のできる子の習慣、
50以下のできない子の習慣』(著・齊藤淳一)を2011年11月24日に発売した。
タイトル通り、偏差値60以上と50以下の子どもでは明らかに習慣に違いがあることを解説したもので、河合塾新宿校の校舎長を務める著者が、年間1万人の生徒たちを接した経験から、勉強法や考え方、時間の使い方などの差を伝えている。
例えば、「暗記」について言えば、偏差値60以上の子どもが「暗記より理解して使えることを優先する」のに対し、50以下の子どもは「暗記することが学力だと信じている」とし、また、「ストレス」については、60以上が「ストレスは多少あって当然だ」と考えるのに対し、50以下は「ストレスがあるから自分の勉強ができない」と思ってしまうものらしい。
希望する大学に入るべく、知っておいても損はない「習慣」はそれなりにありそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/6168032/

[ 2012/01/05 16:12 ] 教育 | TB(0) | CM(10)

40代男性教諭「中学生の3人に1人は鉄棒にぶら下がることもできない。ゆとり教育の代償だ」

1: 看護士(長崎県):2012/01/04(水) 09:04:59.18 ID:YndUenxI0

県内中学生、体力低下深刻 大半が全国平均以下

中3男子のハンドボール投げは22メートル78で26年前と比べて2メートル落ちた―。
県教育委員会が昨年12月に発表した持久走や立ち幅跳びなど2011年度の体力・運動能力テストで、小中高生とも親世代に当たる26年前を軒並み下回った。特に中学生は、ほとんどの種目で全国平均を割り込む深刻な結果。
現場の教員からは生徒の体力・運動能力の低下を憂う声が上がっている。
「3人に1人は力がなくて逆上がりはもちろん、鉄棒にぶら下がれない。4人に1人は真っすぐ前転ができない」。
松山市内の中学校の40代男性教諭は、ため息交じりに現状を話す。「15年ほど前にはそんなにいなかったのに…」
市内の別の中学校の30代男性教諭も同じ見方だ。「ここ数年、ちょっとしたことで骨折する生徒が増えた。
全国より小柄な分、体力や運動技術が低いのでは」と分析。ほかにも「運動部に入部しているかどうかで二極化が激しい」
「特定の競技だけうまくて、あとはからっきし駄目という生徒が多い」などの嘆き節が聞かれる。
体力低下の背景について、関係者が指摘するのが「体育の授業時間の削減」や「少子化に伴う運動部の部員数減少」などだ。
県教委によると、中学の保健体育授業は02年度からの「ゆとり教育」導入で、年間105時間から90時間に削減された。
新学習指導要領が始まる12年度からは10年ぶりに元に戻るが、40代男性教諭は「ゆとり教育の代償は大きい。
生徒の競争意識をそぎ、ハングリー精神もなくなった」とこぼす。

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120104/news20120104533.html

[ 2012/01/04 10:31 ] 教育 | TB(0) | CM(0)

最強学歴が決定 灘→東大 これに勝る学歴はない

1:名無しさん@涙目です。(アイティガル・モスク):2011/12/25(日) 22:53:02.81 ID:P09dMMRP0

確認する企業もあります。
http://www.news-postseven.com/archives/20111225_76663.html
このように大学のブランドがイマイチでも、高校名で救済される動きもある一方で、さらにピッカピカの経歴を求める企業も。大手食品メーカーの採用責任者はこう語ります。

「ウチは東大生を毎年採用しているが、麻布→東大、開成→東大は採用できても、灘→東大は一人も採用できたことがない。企業風土の影響なのだろうか?」

さらに、こんな証言も。外資系戦略コンサルティング会社に勤める社員はこう語ります。

「やはり最強なのは灘→東大。コンサル会社は頭がいいのは大前提。その上で、競争に強くなくてはならない。その両方を兼ね備えたのは、やはり灘→東大」

[ 2011/12/25 23:15 ] 教育 | TB(0) | CM(0)

実は超絶ブラックな学校教員、うつ病で休職過去最多

1:名無しさん@涙目です。(寒川神社):2011/12/25(日) 07:05:38.06 ID:OjWwgxv/0

うつ病などで休職の教員 過去最多

うつ病など病気で休職した学校の教職員は、
昨年度8660人とこれまでで最も多くなっていることが文部科学省の調査で明らかになりました。

文部科学省によりますと、昨年度、全国の
公立小学校から高校までの教職員のうち病気によって休職した人は8660人で、前の年度と比べて33人増加し過去最多となっています。
病気による休職のうち、うつ病などの精神疾患の占める割合は62.4%に上りました。

精神疾患となった教職員の割合を年代別にみますと50代以上が39.8%、次いで40代が33.8%、30代が19.7%で、ベテランの教職員ほど精神疾患の割合が高くなっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111224/t10014875081000.html

[ 2011/12/25 10:18 ] 教育 | TB(0) | CM(0)

入浴後の全裸の女子中学生さんの体についた水滴をチェックせよ!これは業務命令である!

1:名無しさん@涙目です。(広島県):2011/12/21(水) 10:04:18.23 ID:zyN5dcX90

「水滴チェック」やめて/保護者が申し入れへ
2011/12/21 09:35

香川県東かがわ市の引田中学校(松木国彦校長)が1年生の宿泊学習で、入浴後全裸の生徒に教諭が体を拭けているかを確認する「水滴チェック」と呼ばれる指導を実施し、これに対し保護者の一部が近く学校側に「行き過ぎた指導」などとして、来年度以降の取りやめを文書で申し入れることが20日、分かった。

同校によると、本年度の宿泊学習は1年生50人が参加し、9月28日~10月1日に五色台少年自然センター(高松市)で実施。夜の入浴時に、男子、女子生徒とも同性の教諭が立ち会い、入浴のマナーなどを指導した。浴室の出入り口に教諭が立ち、入浴を終えた生徒の体を目視し、水滴が体に付着していればタオルで拭くように指示した。

申し入れを行う予定の保護者たちは、教諭がほぼ全裸状態の生徒の体を至近距離から見る行為を問題視し、思春期を迎えた生徒への配慮不足を指摘する。この指導は以前から行われており、宿泊学習に参加したがらない女子生徒もいるという。

松木校長は「入浴マナーの指導の一環と認識しているが、保護者から取りやめの申し入れがあれば、指導のあり方の見直しを検討したい」と話している。
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20111221000113

[ 2011/12/21 11:09 ] 教育 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。